逆流性食道炎を治療するには


 >> 逆流性食道炎改善プログラム 


突然ですが、こんな症状はありませんか?

 ・ 食事のたびに、胃もたれや胸やけを起こしてしまう

 ・ 突然、苦い水がこみ上げ「オェ」とえずく事が多くなった

 ・ いつも炭酸飲料を飲み過ぎた時の様な、お腹の膨張感がある


もしあれば、あなたは逆流性食道炎の可能性があります。
いつかは治ると思い、何の治療もしなければ、どんどん症状が悪化します。
できだけ、早く治療することが大切です。


市販の胃腸薬でごまかし続けていても、根本的な解決にはならず、完治には至りません。
なぜなら、逆流性食道炎で処方される薬は、単に胃酸を中和しているに過ぎないからです。


プロトンポンプ阻害薬(PPI)やH2ブロッカー等の治療薬は、単に胃液の中の胃酸を
減らす事で、食道に逆流しても、傷つけないようにしているだけなのです。


また、逆流性食道炎により胃酸の逆流が原因で食道がんという合併症を起こす可能性が
あることを理解する必要があります。



それでは、
どうしたら、治すことができるのしょうか?


根本的な原因である、胃や食道の境目にある下部食道括約部
(かぶしょくどうかつやくぶ)の緩みが正常になるように治療することです。



下部食道括約部の緩みが生じる主な原因としては、

 ● ストレス
 ● 猫背

『猫背』とは意外かもしれませんが、逆流性食道炎の症状を訴える方には、背中が曲がり猫背の方が
多いです。


自分が猫背であるとは思っていない方も結構いますので、他の人に見てもらった方がいいと思います。猫背の方は、前かがみになるので、肩や首が凝ったりします。そんな症状がある方は、猫背を疑ってみてもいいかもしれませんね。


猫背の方は、それを治すことができれば、下部食道括約部の緩みが正常になりますので、
逆流性食道炎の症状が改善されます。




■■ 管理人のお勧め ■■

 逆流性食道炎の治療法としては、薬を使った治療が多いです。薬では完治できない事が多いこと、
 又病院へ通院しなくても自宅で簡単に取組めるという理由から、『逆流性食道炎改善プログラム』
 をオススメします。

 胃腸を強くする食事法や東洋医学のメッソドを取り入れているので、逆流性食道炎で悩まれている
 方は、一読の価値があります。

 >> 逆流性食道炎改善プログラム 

posted by いっちゃん at 19:14 | Comment(0) | 逆流性食道炎を治療するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。